スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

2013年 壱岐サイクルフェスティバル

 去年は猿岩の急勾配でちぎられた壱岐サイクルフェスティバル
今年はそこを先頭集団のまま抜けるのが目標でした

DSCF1264_R


DSCF1335_R



ちなみに今回はハンドルにカメラをつけて参加してます 動画↓


http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Is9K3tQ6T6o

たたみます

夜から降っていた雨はレース開始直前にあがって 
それでも路面が濡れているのでエアーを5気圧代に落として臨みました

DSCF1259_R

DSCF1280_R

DSCF1281_R



去年はかなり先頭の方でしたが今回は真ん中あたりからのスタートで先頭集団に合流できるかどうかだけが不安です
P1020038_R




スタート直前は、何度かレースに出場してきたせいか?特に緊張はなく

あれ?もうスタートって感じで走り出します

スタート直後3分くらいはパレードランで途中の橋から本当のスタート

とりあえず先頭集団を目指して前の選手を抜いていく

1234_R




10分ぐらい走ったところでようやく集団に合流できました よかった><

合流後5分くらい走ったところの右コーナー中に前の選手が落車!!!
ハンドルを真っ直ぐしてのフルブレーキングでなんとか回避

改めてコンディションの悪さに気を引き締めます

とりあえずここからは猿岩につくまで温存作戦です

猿岩の手前にある去年ちょっとキツい思いをして上ったコンクリート坂。

今年はケイデンス90~100キープでまったく疲れず上れてもしかして今年は良いとこいけるんじゃ!?と期待

そして、とうとう猿岩に。 ここからが自分の本番です!

ここも先ほどと同じようにシッティングの高ケイデンスで上っていきます
まさかここもまったく疲れずに上れて、いつの間にか集団の前の方に来ていた自分

山頂過ぎてもなかなか加速しない集団にちょっと調子乗って小アタックして前に出てみる
気持ちよくバイクが加速する!
そして目の前に広がる誰もいない景色 ついでにカメラの映像が楽しみに!

やっぱり、かなり脚残してここまで来てるじゃん!

まだ路面の濡れている後半のダウンヒルは、ここまできて落車で終わらせたくないと慎重に走りすぎてコーナーのたびに抜かれて加速して追いつくの繰り返し

結局下りきった頃には集団最後尾に戻り平地区間で集団が縦長に...

やばい! 気づいた頃にはだいぶ前のほうに1段目の坂を駆け上がっていく選手達

しかもインナーに落とし忘れて53×23で一段目の坂を上る自分

あきらかに重すぎるギア

右に曲がった頃にはあんまり加速する脚が残ってなくて暫くペースが上がらない

そのうちタレてきた選手が見えきて

去年はそこで諦めて悔しい思いをしたことを思い出し全力でスプリント!


3人程一気にパスすると

ブルーグラスのジャージが目に入る!
あの選手を抜きたい!

その一心で身体にムチを入れてケイデンスを上げることに集中する

残り約50mで並んだ!

しかし相手も抜かれまいと必死に回す!
DSCF13022_R





結局、手のひら一個分ぐらいの差で負けました

でも最後に全力を振り絞った達成感が堪らない

順位は去年より悪いけど大満足のレースでした。
                   来年はもう一回り強くなってればと思います...


IMG_3078_R



平均速度36km/h台
走行距離50km
走行タイム1時間24分3秒

50kmEXクラス 23位



DSCF1327_R









そうそう動画だけど最初に落車を交わしたところで止まっててショックだった(TT)


千春を連れて行ってたので、それは次の記事で...

スポンサーサイト

2013/06/11 22:56 | ロードレーサーCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。